ふるさと納税とは

ふるさと納税とは

画像:お礼の品
画像:お礼の品

ふるさと納税とは、全国の地方自治体の中から応援したい自治体を選んで寄附金を送る制度です。
一定額以上の寄附を行えば、住民税と所得税から還付・控除が受けられるため、形式上は寄附ですが、実質的には「納付先を自由に選ぶことができる納税」となります。
また、寄附先の地域からはお礼の品を受け取ることができるため、利用者・自治体・地域品の生産者それぞれにとってメリットがある、大変お得な制度です。

画像:お礼の品
  • 地域の特産品がもらえる

    ふるさと納税では、寄附をした地方自治体からのお礼として、果物やお肉、お酒などの地域の特産品を受け取ることができます。
    地域で利用できる宿泊券やギフト券などもあり、地域を選ぶことで受け取りたい品々を自由に選ぶことができます。

  • 税金が控除され節税になる

    寄附金の一部は、その年の所得税と、翌年度の個人住民税より控除されるため、節税になります。
    控除上限額の範囲内であれば、2,000円を超える部分の金額が控除または還付されるため、自己負担は実質2,000円で済みます。

  • 応援したい地域を選べる

    ふるさと納税で寄附できる地方自治体は、ご自身で自由に選ぶことができます。
    ご自身のふるさとはもちろん、それ以外でも、思い入れのある地域や応援したい地域などに寄附金を届け、自治体運営に活用してもらうことができます。

  • 寄附金の用途を選べる

    ふるさと納税は、地域を選べるだけでなく、寄附金の使い道を選べることも特徴です。
    子育て支援、医療や福祉、文化財の保護、環境保全など、応援したい活動を選び、寄附金を役立ててもらうことができます。

  • 複数の地域に寄付できる

    ふるさと納税は、どこか一つの地域だけでなく、複数の地域に寄付することができます。
    複数の地域に寄付しても、自己負担額は少ない人で2,000円。さまざまな地域からお礼の品をもらうことができる、うれしい制度です。

画像:お礼の品

ふるさと納税の流れ

  • お礼の品を選び
    寄附を申し込む

    お好きなお礼の品・寄附の使い道を選び、寄附をお申込みください。

  • 寄附金の受領証明書
    とお礼の品を受け取る

    寄附いただいたお礼として、お礼の品をお送りいたします。また、確定申告の際に必要となる受領証明書も発行いたします。

  • 確定申告をする

    寄附を行った翌年の3月までに、税務署に必要書類を提出して確定申告をします。
    ※確定申告不要な「ワンストップ特例制度」もあります。

  • 控除・還付を受ける

    確定申告で指定した口座に、所得税控除額が振り込まれます。また、年間の個人住民税から、ふるさと納税分が控除されます。

自己負担2,000円で寄附できる上限額はいくら?

ふるさと納税において、寄附金が住民税等の税金から控除される上限額は、年収やお住まいの地域などによって変わってきます。
上限金額を超えて寄附した場合、自己負担額も2,000円を超え、お得感が少なくなることも。
ふるさと納税を最大限お得に利用するためにも、ご自身の寄附金控除額を計算し、しっかりと把握しておきましょう。

寄附金控除額のシュミレーション

キャンセル・お礼の品の変更について

原則、お申込完了後の寄附のキャンセルおよびお礼の品の変更は受付することはできません。
重複でのお申込みやご名義に誤りなどがないようご注意ください。

お礼の品のお届けについて

お礼の品により配送日程が異なりますので、<配送日>をご確認ください。
配送日の記載がない商品は約2週間~1ヶ月後のお届けとなります。

  • お届け日の指定はできませんので、あらかじめご了承ください。ご希望がある場合のみ、お届けの曜日(平日/土日祝日)・時間帯(午前/午後/夜間)のご指定は可能です。
  • 但し、季節限定の果物・野菜、魚介類などは収穫・漁獲量によりご要望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • なお、お届けの曜日(平日/土日祝日)・時間帯の指定は「宅配便」に限ります。
    宿泊券・利用券等の宅配便を利用しない品については曜日(平日/土日祝日)・時間帯の指定ができません。
  • 長期不在のご予定がある場合は、不在期間をご記入ください。